専任・専門・正規の学校司書の配置を求め、文部科学省へ要請行動

1月14日(火)、自治労連教育部会と岡山県本部学校図書館の幹事14名で、学校図書館の充実を求めて要請行動を行いました。名古屋市職労教事支部から送り出している部会幹事も参加しました。
要請行動の中では、学校図書館に係る地方交付税措置の充実を求めたり、現在、文科省が開催している学校図書館に係る協力者会議への要望を伝えたりしました。あわせて、全国の中でも最も盛んに活動されている岡山県での学校図書館司書の奮闘ぶりを資料なども活用しながら伝えました。
文科省から参加した初等中等教育局児童生徒課の竹中千尋企画係長は「学校図書館の充実に向けて、文部科学省としても、現場の声を聞かせてもらう重要性を認識している。」「文科省としても引き続き、協力会議で議論をし、良いものを全国に発信したい。」等と発言されました。
自治労連は今後も、現場の実践や要望を文部科学省に、直接伝えることのできる要請行動を続けるとともに、全国で実践を深め、専任・専門・正規の学校司書の必要性を共有し、広く発信していきます。