第20回自治労連教育部会要求・闘争交流集会を開催しました!

学ぶ権利を保障する仕組みとしての教育行政 ~新教育委員会制度を考える~

2015年2月28日(土)、3月1日(日)の日程で「第20回自治労連教育部会要求・闘争交流集会」が神奈川県横浜市で開催され、全国から9単組32名の参加がありました。
本集会は、今社会教育に何ができるか、何が求められているかを、地域の実践と運動に学びながら考えようと開催されています。
今回の集会は、社会教育行政においても、施設・職員のリストラ削減、指定管理者制度導入拡大や首長部局移管などを迫られ、各地で大きな危機を迎えている中で「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が4月から施行される直前の開催となりました。同法では、首長による教育行政への不当な政治的介入を可能とし、住民の知る権利と学習の自由を侵害し、教育の自治を奪いかねないものとなっています。こうした中、教育行政にたずさわる自治体労働者として、何ができるか、何を求められているかを、地域の実践と運動に学びながら考えていこうと開催されました。